歯の健康診断はお金のムダと思っているでしょうが、虫歯の治療をせずに虫歯がどんどん進行してしまい、入れ歯になるよりは良いと思うのですが、いかがですか。

定期検診は年に1回から2回は行って、通い慣れた歯医者を作ってカルテを保存しておいてもらい、口腔内の健康を保ちましょう。

ハミガキはブラッシングだけではなく、デンタルフロスや歯間ブラシ合わせて用いることが大事です。

大阪での実験結果では、ブラッシングだけの歯磨きだと歯垢が6割強しか落とせないのに対し、歯間ブラシを一緒に使用することで8割以上まで増加すると分かっています。

歯垢にはストレプトコッカス・ミュータンス菌が棲みついていることから、間違いなく除去することができていないと、そこから出た酸が歯を溶かして虫歯が進行してしまうのです。

タブレットの活用にはコツが必要ですので、自信がないなら歯科に行った時に解説してもらうとオトクです。

就寝前は歯磨きによって歯石をしっかり除去することが必要ですが、深夜は唾液の分泌が少なくなる時間帯で、ストレプトコッカス・ミュータンス菌が繁殖しやすい理由なのです。

こうしたことを教えてくれる歯医者さんは予防歯科という言葉をブログのTOPに書いてあるのが一般的です。

歯磨き粉を選ぶ時は、発泡剤が全く成分として使われていないものが望ましいです。

発泡剤が良くな理由は、歯を磨いた時に口の中が泡立つため、理想的な歯磨きが出来たと思いがちですが、それは残念ながら間違いです。

かえって泡だらけになってしまうことで歯の汚れが全然見えないので、磨くべきところをちゃんと磨けないというマイナス点があるのです。
東京のボイトレ教室

歯磨きは口腔環境を改善することがゴールですから、その障害に入っている歯磨き粉が良いものでないことははっきりしています。

歯磨き粉の原料には色々なものがありますが、良くない成分としてはコレ以外に研磨剤もその1つとして指摘されています。

研磨剤は歯を薄くですが削ってしまうので、目先には歯がツルツルになったような、ずっと続けていると人目につく箇所に色がついてしまうきっかけになるわけです。

歯磨き粉は使わなくても良いと言っている歯科衛生士もいるので、少なくとも先入観だけで判断するのはやめた方がいいです。

笑った時の歯の色にコンプレックスを持つ人が検討する方法の1つがホワイトニングです。

ホワイトニングはプロにやってもらうという方法という方法もありますが、自分1人でもできるホームホワイトニングという方法もあります。