ハミガキの目的は何個も存在しますが、最も肝心なのは食べかすを歯の周りから取り除くことで、これが出来ないと虫歯の原因となって、90歳で15本以上の歯を維持するのは無理です。

歯垢は水溶性が乏しく、粘着性があるからうがいだけでは取り除くことが不可能ですので、ブラッシングがどのくらい正しく出来ているかが決定打になるみたいです。

糖尿病と歯周病は普通に考えれば全く別々の病気でしかありませんが、本当はかなり関わりがあるのです。

糖尿病になると生体本能である抵抗力が下がるので、口腔内にいる細菌に歯周組織が感染しやすくなり、その過程で歯周病にもなるというメカニズムです。

また、糖尿病の患者は唾液が普通の人よりも少ないので、口腔内をアルカリ性に保ちにくいので、虫歯や歯周病を引き起こしやすいわけです。

糖尿病と診断されている歯周病患者を治療することで、血糖値が正常値に近づくことがあるので、ここから歯周病が糖尿病悪化の原因ではないかと考えられているのです。

血糖値が高いことは普通、自覚することができませんので、自分が糖尿病であることに気付いていない患者が多いのですが、歯周病と診断されたことでもしかしたら糖尿かもと気付くことが珍しくありません。

糖尿病だけでなく、口腔内の状態は体全体の健康に影響を与えるという説もあるので、歯磨きは丁寧にしましょう。

定期的に歯科健診を受診することは、歯の健康を維持する上できわめて重要です。

その理由ですが、虫歯になりたての時は自分ではわかりづらく、遅れると治療にお金がかかるからなのです。
赤ちゃん 歯磨き

また、歯磨きだけで歯垢や歯石を100%除去するのは素人には不可能なので、歯医者さんにやってもらうべきですが、これを理解している人は4割もいないので、歯医者さんも儲かります。

初診の歯科では、歯の周りのレントゲンを撮ることが一般的ですが、これはレントゲンでないと確認できない顎の骨の状態などを見るために行うものです。

歯の健康診断は不要なんじゃない?と思っているかもしれませんが、虫歯の治療をせずに歯に穴が開いてしまい、入れ歯になるよりはずっとマシです。

歯の健康診断は年に1回から2回は行って、いつもの歯科を決めてカルテを保存しておいてもらい、歯の健康管理をしてもらいましょう。

明石家さんまみたいな歯にしたいと願う人がすがる思いで利用するのがホワイトニングです。

ホワイトニングは歯科に通って行うも1つの選択肢ですが、自分1人でもできるホームホワイトニングという方法もあります。